レベッカさんのクイックフィックスのチャーハン

言語を選択 ENGLISH ESPAÑOL FRANÇAIS ROMÂNĂ SVENSKA عربي 中文 日本語 TIẾNG VIỆT मराठी తెలుగు 準備時間:15分間 調理時間:15分間 2〜3人前 チャーハンは簡単で作りやすい料理です。 私たちが遅く帰り、簡単な夕食が必要なときには、私の母は大抵この料理を作ります。またそれは、美味しいだけでなく、いろいろなもので作れます。例えば、今あるどんな野菜でも使うことができます。さらに、海老を豚肉に代えたりもできますし、ベジタリアンのためにはタンパク質として豆腐や枝豆を使えます。ビーガンのためには完全に卵と肉を無くすこともできます。また、このチャーハンはとても気軽に作れます。なぜなら、基本的な材料さえあれば正確な量を量る必要はありません。食べたいときに実に簡単に作れる料理です。 材料 <メトリック> 米飯375グラム 大きい卵2玉 さいの目に切った大きいにんじん1本 さいの目に切った小さい玉ねぎ1玉 冷凍エンドウ豆50グラム 冷凍スイートコーン50グラム 茹でた、皮を剥いた冷凍海老100グラム 料理の油45グラム 醤油30グラム しお(お好みの量) <インペリアル> 米飯2カップ 大きい卵2玉 さいの目に切った大きいにんじん1本 さいの目に切った小さい玉ねぎ1玉 冷凍エンドウ豆1/2カップ 冷凍スイートコーン1/4カップ 茹でた、皮を剥いた冷凍海老4オンス 料理の油大匙3 醤油大匙2 しお(お好みの量) ノート 検閲の制限のために、撮影した材料は実際のものと同じではないかもしれません。(これを自分で作るときは、恐れずに創造的にしてみて下さい。) 作り方 材料を準備します まず、にんじんと玉ねぎの皮を剥いてさいの目に切ります。小さいボウルに卵を割り箸またはフォークでよく打ちます。 大きいフライパンまたは中華鍋に料理の油の半分を注ぎ中火にかけます。油が熱くなったら、溶き卵を注ぎます。即座にジュージューし始めるはずです。卵の周囲に火が通るのを数秒待った後、卵の一方の端を中央に寄せ同時にフライパンを傾け火が通っていない卵がフライパンの新しい領域を埋めるようにします。さらに数秒間調理します、次に卵がほとんど出来上がったとき、取り出します。これは、追ってご飯と炒めるとき、火が通り過ぎるのを防ぎます。 チャーハンを作ります 油の残りを注ぎにんじんと玉ねぎを入れます。柔らかくなるまで調理します。次に、ご飯を入れ均一に混ぜます。卵がバラバラになるようにかき混ぜます。 よく混ぜた後醤油で味付けします。味が好きかどうかを確認します。次に必要に応じて塩で味付けします。全て完全に火が通ったら、フライパンから取り出します。熱いうちに盛ります。 ポイント1 案外、この料理には前日に調理して冷蔵した残り物のご飯が最適です。これは出来上がった料理の粘りを防ぎますが、分けるのが難しい場合もあります。残り物のご飯を使うとき、ちょっと水を入れ緩めます。 ポイント2 大変急いでいる場合は、たまごを調理した後取り出さないで、そのままフライパンににんじんと玉ねぎを入れることができます。この追加の手間は、より柔らかい仕上がりを得るためにあります。 関してはレシピ投稿者 REBEKAH DING JIN • スウェーデン サラさんはもともとの出身はイラクの首都、バグダッド市ですが、大半の子供時代を海外で過ごしました。 幼い頃から、他の文化に浸っていました。様々な伝統と料理について学ぶことにとても興味がありました(そして今も)。アリアさんがREDGOJIに参加することを提案したとき、サラさんはチャンスに飛びつきました。時間のある時に、読書、泳ぐのと、新しいレシピを試すのが好きです。現在は、スウェーデンに住んでいます。

SUBSCRIBE TO BECOME

A WORLDLIER GLUTTON

  • Facebook
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • Instagram
  • Pinterest